×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

変形性股関節症とは?

変形性股関節症について、まず説明していきたいと思います。変形性股関節症は、 その名の通り股関節が痛くなったり動かしにくくなる代表的な病気です。股関節をスムーズに動かすため骨のまわりにはクッションの役割をしている関節軟骨が、何らかの原因によりすり減ってしまうために起こったり、股関節の形の異常が原因で股関節の形が月日が経つにつれ変形していく病気です。変形性股関節症のよる股関節の変形は老化によっても発症することもありますが、生まれつき股関節の形成にやや問題がある「先天性股関節脱臼」や「先天性脱臼形成不全」などのある人が成長につれ変形性股関節症を発症するケースがほとんどのようです。変形性股関節症を発症すると年齢を重ねるごとに悪化し、一度変形性股関節症によって変形した股関節を発症以前の状態に戻すことはできません。したがって、形性股関節症の治療目的は、病状の悪化を出来る限り遅らせることになります。また、よりよい変形性股関節症の治療効果を期待するのであれば、症状が殆ど出ていない場合でもよい状態を維持するための保存療法を受けることをオススメします。変形性股関節症の保存療法を受けても改善されない場合は、適切な時期に適切な手術を受けることが重要です。

変形性股関節症の症状と進み方

変形性股関節症の進み方は、段階的に症状が現れ年単位で慢性的に進行していきます。変形性股関節症の症状が進行すれば手術療法が必要になる場合が多いとされていますが、股関節の形状に異常があったとしても長い間進行しない人もいますので、誰もが同じように進行するわけではありません。また保存療法や生活習慣などにより進行の度合いが異なってきます。
変形性股関節症の前期では、レントゲンの変化は確認できませんが痛みはたまに感じます。変形性股関節症の初期では、無理をすると痛みが強く感じます。この段階で骨の硬化がみられたり関節の隙間が少し狭いところも確認できるかもしてません。レントゲンには白っぽく映ります。変形性股関節症の進行期では、軟骨のすり減りが進んで関節の隙間が狭くなり痛みも強く動きも制限されてきます。変形性股関節症の末期になると、軟骨がすり切れて関節の隙間がなくなり股関節自体が変形している恐れがあります。そのため痛みも股関節の動きの制限もさらに強くなり、日常生活を送るのにかなりの支障をきたし杖が必要かもしれません。最終的にはじっとしていても痛むようになり、痛みの度合いも徐々に強くなります。

変形性股関節症の治療法

変形性股関節症の治療は、大きく分けて保存療法と手術療法の2つの治療法があります。
変形性股関節症の保存療法として、体重コントロール・負荷を減らす日常生活の工夫・運動療法、温熱療法などの理学療法・薬物療法などがあります。症状が出ていない人でもよりよい状態を維持するためにも変形性股関節症の保存療法が必要です。また手術をすすめられた場合でも進行を遅らせるためや人工関節を長持ちさせるなどの状態をよりよく保つために変形性股関節症の保存療法は必要不可欠です。
変形性股関節症の保存療法での改善されない場合には手術療法も検討されます。変形性股関節症の手術療法として骨を切って股関節の形や負荷のかかる方向を改善して関節を温存する手術や関節を固定したり人工のものに置換えたりして自分の関節を廃絶する手術などがあります。これら変形性股関節症の手術療法は個々の進行度合いや年齢、生活環境などを考慮して検討します。できるだけ早期治療を実施することで状態を維持できる環境を整えることができるため、少しでも不安に感じる方は専門医に受診することをオススメします。

Copyright © 2008 変形性股関節症の症状と治療法